マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

大人気の株主優待 内容の変更で株価急騰させる大きな要因に

2014年9月25日 11:29

 今や個人投資家に大人気の株主優待。なんらかの優待制度を実施する企業の数は1100を超え、過去最高を記録したとの報道が話題になった。魅力的な優待を取り入れれば個人投資家の注目を集め、NISA(少額投資非課税制度)口座で長期保有してもらえる期待もあり、企業は優待の新設や拡充に積極的だ。

 その一方で、業績不振でやむを得ず優待を廃止したり、中止に追い込まれるケースもある。また、小口株主の優遇となる株主優待は公平性に欠けるとして、あえて廃止し配当を増やす企業もある。

 こうした優待の新設や変更は、株価にも大きな影響を及ぼす。たとえば、さまざまな飲食店で利用できる食事券の優待で人気のクリエイト・レストランツ・ホールディングス(しゃぶしゃぶ・日本料理「吉祥」ブランドなどを運営)が、株式分割に合わせた優待の大幅拡充を7月末に発表した。優待を得るのに必要な資金額が3分の1になるうえ、既存の最低単元の株主の優待額が倍になるという大盤振る舞いに、株価は一時40%超も急騰した。

 時期を同じくして、「おこめ券銘柄」として人気だった荏原実業が、配当を12.5%増やす代わりに優待廃止を発表すると、翌日の株価は大きく窓を開けて一時4%も下落している。優待の変更は株価を大きく動かす要因になっているのだ。

■文/森田悦子(ファイナンシャルプランナー、ライター)

※マネーポスト2014年秋号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。