マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

平均寿命が延びたことで注目を集める「トンチン年金」とは?

2018年3月24日 17:00 女性セブン

長生きするほど得をする「トンチン年金」とは?

 日本人の平均寿命が男性80.98才、女性87.14才(厚生労働省・2016年の「簡易生命表」参照)と延びている今、時代の風潮を受けて2016年に誕生したのが「トンチン年金」が注目を集めている。

 死亡保障を減らすことで、生きているうちに受け取れる年金額を増やす仕組みで、50代なら10年以上の払い込みで原則、一生涯年金を受け取ることもできる。ただし、元が取れるのは平均寿命より+5才以上。男性なら86才、女性なら93才以上にならないと元は取れないが、逆に、長生きほどお得になる。

 トンチン年金という名前は、17世紀イタリアの銀行家、ロレンツォ・トンティに由来する。トンティは、当時のフランスの財政難を救うため、国民から集めた保険料を運用し、利息分のみを年金として支払えば、年金原資分が国家に入るという仕組みを提案したという。欧米では17世紀に販売が開始され、フランス、オランダなど各国で人気を博してきた。

 日本で初めてトンチン年金を発売した日本生命の「Gran Age(グランエイジ)」は大ヒットしている。その他にも、短期払い(最短5年間)にすると返還率がアップする第一生命「ながいき物語」や、保証期間が最長となるかんぽ生命「長寿のしあわせ」、さらには太陽生命の「100歳時代年金」などの商品がラインナップされている。

 資産を現金で持っていると、詐欺に狙われたり、不要な金融商品を買わされるリスクもある。投資は、認知症になれば売買できない。それなら、契約した年金開始年齢になれば毎月数万円が入ってくる、トンチン年金は、意外に使い勝手がいいのかもしれない。

「ただし、元本割れの可能性もあるので、全財産を投入するのではなく、資産の一部をあてる方がおすすめ」(ファイナンシャルプランナー・竹下さくらさん)という。

※女性セブン2018年3月29日・4月5日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。