マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

がん保険の選び方 一時金のみにするか、他の保障をつけるべきか?

2018年4月1日 15:00 週刊ポスト

がんに罹ると通院治療を選択しても金銭的負担は大きい(イメージ)

 がんに罹れば手術代や長期の入院費用、あるいは何年も続く抗がん剤治療費など、金銭的負担が大きくなる。その一方で、新たに保険に加入すれば、毎月の保険料支払いが家計に重くのしかかる。

 では、がん保険加入を検討する場合、選び方のポイントは何か。

一時金のみにするか、他の保障をつけるか

 がん保険には一時金で受け取れる「診断給付金」の他に、「手術給付金」、「入院給付金」、「通院給付金」などがある。

 これらの給付金が加入者の需要に応じて「特約」として加えられる。色々特約をつける方が、がんに罹ったときの保障が大きい分、保険料は高くなる。ファイナンシャルプランナーの内藤眞弓氏がアドバイスする。

「年金生活者など定期収入のアップが見込めない人は、『一時金のみ』を選ぶことを勧めています。一番シンプルな保険料の安いプランにして、残りは貯蓄に回すほうがいいでしょう」

 現役世代は、支払い能力が比較的高いので、一時金に通院給付金を付けるという選択肢が考えられる。手術給付金や入院給付金は手術を受けた場合や、入院した場合でないともらえないが、通院給付金は病院に行くだけでもらうことができる。

「例えば抗がん剤治療を始めて、治療が長引く場合は、通院保障が大きな助けになり得る」(同前)という。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。