マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

桐谷広人さんも注目する高利回り期待の4~6月優待銘柄

2018年4月12日 19:00

桐谷広人さんが注目する4月以降の優待銘柄とは?

 株主優待といえばピークは多くの上場企業の決算期が集中する3月末といわれるが、最近は4月以降でも株主優待がもらえる銘柄が存在する。しかも、値上がり益も狙える「掘り出し物」も見つかりやすい。そこで株主優待に詳しい専門家に、少なくとも3%以上の実質利回り(配当利回り+優待利回り)が期待できる4~6月の優待銘柄を厳選してもらった。

 まずは“株主優待ライフ”の実践者として知られる「株主優待のカリスマ」である将棋棋士・桐谷広人氏がピックアップする。

「宝印刷(東証1部・7921)が特に注目です。カタログから1500円分のフルーツジュースや焼き菓子などが選べ、利回りは3.45%と高い。

 意外に思われるかもしれませんが、若い女性向けの洋服ブランド会社のハニーズホールディングス(東証1部・2792)も優れています。実質利回りは5%近い。優待はお子さんやお孫さんへのプレゼント代わりにするといいでしょう」

 6月に権利確定する銘柄では「実質利回り4%以上の銘柄が多い」と桐谷氏はいう。

「すかいらーく(東証1部・3197)は約15万円で投資でき、優待分と配当を合わせた実質利回りは6%を超える。同じく外食なら三光マーケティングフーズ(東証2部・2762)という選択肢もあります。実質利回りは7%を超え、運営する居酒屋チェーン『金の蔵』や『楽釜製麺所』などが近くにある人には非常にいい。

 他にも、元手は30万円以上かかってきますが、営業用のワンルームマンションを扱うアーバネットコーポレーション(ジャスダック・3242)やJT(東証1部・2914)なども注目しています」

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

目先の予想をしないFX コツコツ稼いで総利益100万円以上になることも
高金利通貨の新たな主役「カナダドル」に注目する理由
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。