マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

ドル円の売買比率に見る今後の「上昇材料」を億トレーダーが分析

2018年5月10日 20:00

ドル円相場の今後の「上昇材料」とは

 米ドル円相場は3月から4月にかけて円安方向へ約5円幅上昇したが、今後はどのような展開が想定されるのか。FX(外国為替証拠金取引)のカリスマ主婦トレーダーとして知られる池辺雪子さんが、ドル円相場を見通す上で意識している材料を紹介する。

 * * *
 4月を振り返ると「日米首脳会談」や「南北首脳会談」などの首脳会談が行われましたが、「日米首脳会談」は無難に通過した印象ですし、「南北首脳会談」に関しては大きな進展が見られたように見受けられます。『完全な非核化を通じ、核のない朝鮮半島を実現する』との共同宣言への署名もなされました。

 メディアを見ていると南北首脳会談に関して「表向きだけ」というような声もありますが、仮に表向きだけだったとしてもマーケットには安心感が広がったように感じられます。

 そして世界情勢に対する懸念が和らいだこともあり、4月に入り米ドル円(以下ドル円)も回復してきました。原稿執筆時点では1ドル=109円台後半にあります。

 今年の1月以降、ドル円相場は円高が進み過ぎている印象があったので、これくらいの戻りがあるのは当然のことですし、中長期的に見てさらに上昇してもおかしくない、と考えています。

 では、今後の「上昇材料」としてどういったものが考えられるでしょうか? 今回は、ドル円相場の売買比率(くりっく365)にまつわる上昇材料を紹介しましょう。

「FX」関連記事

金利7.75%のメキシコペソと他の高スワップ通貨の魅力を比較
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。