マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

ウルトラ進学校あるある? 「東大入試より校内テストの方が難しい」

2018年5月13日 16:00

東大の入試問題も“簡単”?

 中学受験が過熱の一途をたどり、中高一貫校では東大合格者数増加を謳い文句にする学校も少なくない。では、昔から東大に何十人も合格するようなウルトラ進学校の実態はいかなるものなのか。そのOB・OGたちに聞いた。

 1学年160人程度という生徒数ながら、毎年、東大に100人前後の合格者を出す超進学校・筑波大附属駒場高校(東京)のOB・Aさん(30代)は、「特別考査」と呼ばれる校内テストのレベルの高さが印象的だったという。Aさんは高校から「筑駒」に入学した、いわゆる高入生。Aさん自身も現役で東大の文科III類に合格した秀才だが、学内テストでは見事に“玉砕”していたそうだ。

「とにかく数学のテストがムチャクチャ難しかったことを覚えています。私は学内テストの順位が60~70番でしたが、数学の点数は6点とか8点とか、1ケタをとることもしばしば。数学の自信はゼロでした。しかし東大受験では、数学は大問が4問出るのですが、ほとんど全部解けました」

 これはすなわち、校内テストの問題の難易度が、東大の入試問題より遥かに高いということになろう。また、女子校では東大合格者数でダントツの桜蔭高校(東京)には、「1年で東大に2度受かった人」がいたという。OGのBさん(40代)がいう。

「まず前期で東大の理科I類に合格。併願で受験した慶応の医学部にも受かったため、東大を蹴って慶応に行くつもりでした。しかし後期で東大の理科III類に合格したため、結局そちらに進みました」

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。