マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

化粧品を買わなくても大丈夫? 雑誌の付録をフル活用する節約術

2018年6月14日 17:00

Kさんが使っている雑誌の付録コスメの数々

 ポーチやトートバッグなど、様々な付録がついていることが多い女性ファッション誌。なかでも一部の読者に重宝されているというのは、コスメ用品の付録だ。

 30代の女性会社員Kさんは、雑誌付録コスメのヘビーユーザー。現在使用しているメイク道具の半分以上が雑誌の付録だという。

「ファンデーションなどのベースメイクについては、ちゃんとしたブランドで購入したものを使っていますが、チークやアイシャドー、アイライン、マニキュア、リップなどは、基本的に雑誌の付録を使っています」(以下同)

 Kさんがよく購入するのは『Sweet』や『mini』などの女性ファッション誌。特に決まった雑誌を定期購入しているわけではない。

「書店に行って、雑誌コーナーを見て、コスメ系の付録がついていると買ってみるという感じです。私の中では、書店の女性ファッション誌コーナーは、デパート1階の化粧品売り場みたいなものですね(笑)」

 Kさんが購入するファッション誌は1冊800~900円くらい。

「付録つきのファッション誌を買うのは、2か月に1冊くらい。もともとそんなに一生懸命メイクをする方ではないというのもあるんですが、2か月に1冊買っておけば、まず化粧品が足りなくなるということはありません。高い化粧品を買うくらいなら、雑誌の付録で十分だし、節約になっています」

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。