マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

“投げ銭”効果も? 配信者が語る「動画配信サービス急拡大」の背景

2018年6月21日 17:00

群雄割拠の動画配信サービスの今はどうなっているのか(動画配信中の原田真緒さん)

 最近、「17Live」(イチナナ)というスマホアプリがSNS広告や電車広告、テレビCMなどで盛んに宣伝している。渋谷駅周辺では広告ジャックをしていたほか、宣伝カーも走っていて、どこかで一度は目にしたことがあるかもしれない。

 イチナナは台湾で始まったライブ配信アプリで、2017年9月に日本に上陸。ユーザー数は4000万人以上で、現在、アジアでリードする急成長中のアプリだという。現在は「プロニート」として活動し、動画配信者としても活躍する元グラビアアイドルの原田真緒さん(29)は、「昨今、このような動画配信アプリ・ライブ配信アプリが続々と登場していて、まさに“戦国時代”に突入しています」と話す。

 動画配信・ライブ配信とは、主にスマホやPCなどから動画をリアルタイムで配信し、閲覧者はチャットのような形で、文字を使ってコミュニケーションをとることができる。原田さんが語る。

「かつて『配信といえばニコ生(ニコニコ生放送)』でしたが、配信者からすれば、有料会員にならないと配信できなかったり、利便性の悪い点もありました。そんななか、完全無料で配信できて閲覧もできるツイキャス(TwitCasting)が徐々に人気化し、勢力を拡大してきました。今はツイキャスが国内の動画配信業界を牽引している存在だと思います。ちなみに、イチナナ、ニコ生、ツイキャスのほかにも、ふわっち、Pococha(ポコチャ)、SHOWROOMなど、数々の動画配信アプリがあります。そのほかにも、LINEライブ、インスタライブのような付帯機能としての動画配信アプリ・サービスもあります」(原田さん)

 選挙や政治関連のイベント等では「Ustream」を見たことがある人も少なくないかもしれない。かつての定番動画配信サービスに加え、多種多様な新規アプリ・サービスが登場し、“戦国時代”に突入してきているのだ。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。