マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

夏の電気代節約術 エアコンと扇風機の同時併用の効果は

2018年7月8日 13:00

エアコンと扇風機のW使用で電気代節約に(イラスト:ナガイクミコ)

 エアコンの進化は目覚ましい。古いエアコンほど省エネの性能が低く、20年以上前の製品なら電気代が今より2割高、10年以内の製品でも1割程度の差が出るという。つまり新しいエアコンに買い換えることは、長い目で見た電気代節約につながるというわけだ。

 また、エアコンの「使い方」でも電気代は変わる。小さな節約ワザを積み重ねれば大きな差が生まれる。

 まずはエアコンの設定温度。「高めに」というのは節約の鉄則。設定温度を1℃上げると、1日9時間稼働させたとして、ひと夏で670円の節約になる。問題は温度を下げずに、いかに快適に過ごしながら電気代を減らすかだ。

 そこで注目したいのが、エアコンと扇風機の併用だ。エアコンと扇風機を同時に使うと「電気代が2倍かかりそう」と誤解しがちだが、さにあらず。

「暑いと感じたら扇風機を床に向けてスイッチを入れましょう。床にたまった“冷気だまり”を吹き上げてくれるうえ、冷たい風が体に当たるので快適です」(家電コーディネーターの戸井田園子さん)

 機種にもよるが、一般的な扇風機を1日9時間フル稼働させたとしても、電気代はひと月で310円ほど。エアコンとの“ダブル使用”がおすすめだ。

※女性セブン2018年7月19・26日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。