マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投信

日本株最大ファンドが意識する「ライバルファンド」の名前

2018年7月21日 20:00

ファンドマネージャー・藤野英人氏が注目している日本株投信は?

 2008年に運用を開始し、10年間で基準価額を5倍に膨らませ、今や日本株運用で最大ファンドとなった「ひふみ投信」シリーズ。純資産総額1兆円も視野に入れ、もはや「敵なし」にも思えるが、運用責任者である藤野英人氏(レオス・キャピタルワークス代表取締役社長・最高投資責任者)は、「常に3つの敵に勝つことを念頭に置いている」という。

「まず1つ目が現預金、2つ目がTOPIX(東証株価指数)、そして3つ目がライバルのファンドです」(藤野氏。以下「」内同)

 1つ目の現預金について、藤野氏は次のように説明する。

「日本の個人金融資産は約1800兆円で、そのうち現預金の占める比率は50%以上、実に930兆円ものお金が現預金といわれています。この現預金が投資や消費に少しでも回れば、世の中を動かす原動力になるのに、そうはなっていない。このうちのたとえば100兆円を投資に回せたら日本は変わっていきます。私たちもその一助になれたらという思いでやっています」

 2つ目のTOPIXについては、同ファンドが参考にしている指数であり、運用実績でどれだけ上回れるかが、ファンドの評価に直結する。実際、ひふみ投信は設定以来の10年間で、TOPIX(配当込み)の「+94.3%」の実績に対して「+419.7%」という高い運用成績を誇っており、今後もこの数字をどれだけ上積みできるかが、ファンド運用のカギとなるだろう。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FXトラリピの成功者2人が語る「長期運用の秘訣」とは
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。