マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

「日米通商協議」がドル円相場に与え得る影響

2018年7月30日 20:00

「日米通商協議」がドル円相場に与え得る影響は?

 8月は「夏枯れ相場」といわれるが、今後のドル円相場はどう推移しているのか。FX(外国為替証拠金取引)で億単位の利益を獲得するカリスマ主婦トレーダーとして知られる池辺雪子さんが、その見通しを解説する。

 * * *
 今回は米ドル円相場(以下ドル円)についてお伝えします。

 直近の売買比率(くりっく365)を確認すると、1ドル=113円から1ドル=111円に下落する過程で売り残が減少していたのが見て取れます。

 1ドル=111円以上の水準で売りから入り、落ちてきたところでうまく利益確定できたトレーダーの方もいるようです。

 ただ、全体的な売買比率から言うと、売り残が買い残を上回っている状況であり、1ドル=113円の方へ上昇していく過程の早い段階でドル円の売りポジションを持ってしまい、含み損を抱えながら下落して来るのを待っているトレーダーも少なくない、と考えられます。

 今年に入ってしばらくドル円相場は1ドル=110円以下を推移する状況が続いていたので、1ドル=110円が高値に思えて、売りポジションを持った方もいたのでしょう。

 また、私の生徒さんから聞いた話によると、1ドル=109円から1ドル=110円台あたりまで上昇してきたタイミングで、アナリストの方々を中心にメディアで「売りだ、売りだ」と散々言われていたようで、そういった情報に引きずられて売りポジションを持ってしまったトレーダーの方もいるようです。

「FX」関連記事

金利7.75%のメキシコペソと他の高スワップ通貨の魅力を比較
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。