マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

今の日本に「自動運転車」は存在するのか?

2018年8月7日 11:00

自動運転車の運転責任の所在は?(撮影:近藤篤)

 政府主導で実現に向けて動いている「自動運転」。運転席のドライバーに代わり、車に搭載されたカメラやセンサー、超音波などを駆使して、システム(車)が走行中の周辺環境を認識あるいは感知して、車の走る、止まる、車線を変更する、速度を維持する…これらを制御する技術は、政府が掲げる自動運転の定義に従えば、すべて「自動運転」だ。

 その意味では、衝突軽減ブレーキや誤発進抑制機能など、事故を未然に防ぐ、あるいは軽減する「予防安全技術」も自動運転の範疇だ。車メーカー各社は、国のガイドラインを踏まえつつ、独自の安全運転支援機能を開発している。

 これに加えて、車体を全角度から把握するマルチビューカメラシステムや、車線内で加速や停止を自動でコントロールしながら前方車に追従する自動パイロット機能など、運転のストレスを軽減する快適な運転支援機能も多彩だ。

「自動運転」には5つのレベルがある。レベル0は自動運転機能が一切ついていない車。そこから始まり、レベル1は車による運転サポート、レベル2は高速道路での部分自動運転化、レベル3は条件付き自動運転、レベル4は高速道路での完全自動。そしてレベル5が車が自律的に走行する「完全自動運転」、無人走行も可能なレベルだ。運転で考え得る危険の回避と「ついていたら便利」を網羅して、車の機能はすでにレベル3に達しているように思えるが、実際のところ、現状はレベル2と3の間あたりだという。

「なぜなら、それらの機能はハンドルを握るドライバーの“支援”にすぎないから。ドライバーに“車を確実に操作する義務”を定めた道交法によって、運転責任の所在はドライバーに100%ある。その意味では、厳密に言うと今の日本に“自動運転車”は存在しません」(モータージャーナリストの渡辺敏史さん)

 これが2020年施行予定のレベル3になると、道交法が改正され、いわゆる「手離し走行」のように、ドライバーが運転責任を車に委ねる状況が生まれる。まだ議論の最中ではあるが、事故の際には、車メーカーの責任が問われる可能性が大きい。これはメーカーにとって重大な事態で、ドライブレコーダーなどの標準装備化も検討されている。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコリラ2019年の見通しをトルコ人アナリストが徹底予想
楽天ポイントやdポイントを無駄にしていませんか? ポイントを投資に有効活用
月5000円の金利収入も メキシコペソのスワップポイント比較
楽天ポイント投資を徹底解説 初心者におすすめの始め方は?
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。