マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

医療保険 75歳にとっては「入りどき」ではなく「やめどき」

2018年8月29日 16:00

高齢者向けの医療保険は、保険料の割に受け取れる金額が低い

 75歳で後期高齢者になると、健康への不安が募るようになる。近年は75歳以上でも加入できる医療保険がテレビCMなどで盛んに宣伝されている。「子供に心配をかけないために入っておこうか」と心が揺れる人も少なくないはずだ。

 だが、ファイナンシャルプランナーの森田悦子氏は、75歳以上の後期高齢者の医療保険加入に否定的だ。

「高齢者向けの医療保険は、保険料は高い割に受け取れる金額が低い。しかも保険料は基本的に掛け捨てです。一方、75歳からは医療費の自己負担が1割(※現役並み所得者は3割)になるので病気になっても家計への影響は限定的。

 たとえ高額な治療が必要になっても高額療養費制度が使えますし、今は入院日数がどんどん短くなっていて、75歳以上のがん患者で平均30日未満です。がん保険の入院保障は1日1万円程度だから、支給される金額は、がんでも30万円に満たない。この程度の金額を受け取るなら月々の保険料を払うよりも自分で貯蓄していたほうが効果的です」

 医療費を抑えたい日本では今後ますます入院の短期化や在宅医療への流れが進むと予想される。

「保険会社は高齢者の不安な感情を煽りますが、宣伝文句に乗せられず、冷静に“本当に医療保険は必要なのか”を考えないと、虎の子の老後資金が圧迫されるだけになってしまいます」(森田氏)

 75歳にとって医療保険は「入りどき」ではなく「やめどき」なのだ。

※週刊ポスト2018年8月31日号

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。