マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

妻と2人の子で1億4800万円を相続 3つの選択肢から正解は?

2018年9月8日 15:00 女性セブン

 亡くなった人が遺した財産を受け継ぐ「相続」は突然やってくる。しかも、人生で何度も経験することではないため、わからないことや不安だらけ。弁護士や税理士にいわれるがまま相続税を納めたけれど、実は、払いすぎている人は意外に多い。

 たとえば、夫が亡くなり、妻と2人の子で遺産1億4800万円を相続する場合、どの選択が良いだろうか?(妻の固有財産は2000万円で経年による財産の増減はないとする)

 ここではA・B・Cの3つの選択肢を紹介しよう。

【A】妻が1人で1億4800万円すべてを相続する。

 配偶者が相続する場合、1億6000万円までは相続税がかからない。この制度を利用すれば、1億4800万円の遺産のすべてを妻が相続した場合、支払う相続税は0円で済むため、お得感は大。

全財産を妻が相続する

【B】妻が自宅など7400万円を相続、子は3700万円ずつ相続。

 民法に定められている通りに相続すると、配偶者2分の1、子は4分の1ずつになる。Aのように配偶者である妻は相続税負担はなく、2人の子がそれぞれ362万5000円の相続税を払うことに

不動産を妻が相続、残りを子が相続

【C】自宅を共有名義にして、4933万円ずつ相続(3等分)する。

 不動産財産を相続人で公平に分けるには、売却して金額に換える必要がある。現物を残したいなら、持ち分割合を決めて共有財産とする方法がある。3分の1ずつ相続すれば、相続税は子2人で計967万円。

不動産は共有、現金などは分割して相続

 さて、このA・B・Cはよくある相続のケースの分配法。どれを選ぶべきなのか、わかるだろうか?

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。