マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

コンビニ弁当の大定番「海苔弁」 実食比較でわかった各社の違い

2018年9月24日 15:00

 お弁当の定番「海苔弁」。大きな海苔がのったごはんと磯辺揚げや白身魚のフライなどのおかずがセットになっているパターンが多く、「どこの海苔弁も同じでしょ」と思う人も多いかもしれないが、実は細かな違いやこだわりがあるのだ。そこで、マネーポストWEBのコンビニグルメ担当A記者が、大手コンビニ3社の海苔弁を実際に食べ比べてみた。

こってり感は抑えめのセブン-イレブン

揚げ物がたくさん入ったセブン-イレブンの海苔弁

 まずは、セブン-イレブンの「おかかたっぷり海苔弁当(麦飯)」(398円、税込み以下同)。その名の通り、麦が入ったごはんとたっぷりのった鰹節が特徴的だ。おかずは、タルタルソースがかかった白身フライ、小さめのちくわの磯辺揚げ、半分のコロッケ、鶏のから揚げ1個、漬物となっている。

 海苔弁というと、比較的安価でその分おかずも少なめといった印象もあるが、この「おかかたっぷり海苔弁当(麦飯)」はおかずの種類も豊富でボリューミー。“海苔弁”というよりも“揚げ物ミックス弁当”といった雰囲気だ。

 また、ごはんにたっぷりの“おかか”がのっているので、味付けも濃いめかと思いきや、意外と味付けがあっさりめなのも特徴的。揚げ物でボリューム感を出している割りに、全体的な味付けは落ち着いた印象で、“味が濃くて飽きてしまう”といったこともないだろう。

幕の内弁当レベルの満足感があるファミマ

大きな白身魚フライが存在感たっぷりなファミマの海苔弁

 続いて、ファミリーマートの「海苔弁当」(430円)。おかずは、タルタルソースがのった白身魚フライ、小さいちくわの磯辺揚げ、ソースがかかった半分のコロッケ、焼きそば、漬物の5種類。ごはんにはおかかと大きな海苔がのっている。

 ファミマの海苔弁の大きな特徴は、大きな白身魚フライだろう。公式サイトによるとやく1.5倍にサイズアップしたとのことで食べごたえも十分。ふっくらとした食感もまた大きな魅力だ。

 税込みで430円と、セブン-イレブンに比べると値段の方は少々高いが、その分全体的にボリューム感があり、満足度は高め。幕の内弁当などと同じような感覚でいただける海苔弁だ。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

「LINE」の500円から始める積立投資 特徴は低リスク志向の初心者向け
楽天やdポイントで株投資 100ポイントの少額投資も可能
キャッシュレス決済「LINE Pay」の使い方や特徴を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。