マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

関連記事除外

【日本株週間見通し】日経平均、年初来高値を意識する展開

2018年9月23日 8:00

日経平均は年初来高値24129.34円を更新できるか

 投資情報会社・フィスコ(担当・田代明美氏)が、株式市場の9月18日~9月21日の動きを振り返りつつ、9月25日~9月28日の相場見通しを解説する。

 * * *
 先週の日経平均は上昇した。週間ベースとしては2週連続の上げとなり24000円に迫る動きをみせた。5営業日ぶり反落のNYダウを受けて、3連休明け18日の日経平均は軟調な寄り付き。しかし、上海総合指数が反発して目先の悪材料出尽くし感が台頭すると、買い戻し優勢となり日経平均は上げ幅を広げる展開となった。19日はトランプ政権が中国からの輸入品2000億ドル相当への追加関税を24日に発動すると発表したが、経済への悪影響は限定的との見方が広がり円安も手伝い日経平均は一時421円超の上げをみた。

 中国の李克強首相が「輸出競争力を向上させるために人民元切り下げを行わない」と発言し、貿易摩擦への懸念が後退した20日の日経平均も小幅ながら前日比プラスを維持した。ただ、自民党総裁選は大方の予想通り、安倍晋三首相の3選が決まったものの、石破茂元幹事長による得票率の伸びが一時伝えられると、日経平均は一時マイナスに転じるなど乱高下する場面もあった。

 一方、9月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数が予想を上振れるなど米経済の堅調さが示されるなか、対中貿易摩擦による経済への影響が限定的との見方から20日のNYダウは3日続伸となり、S&P500とともに史上最高値を約8カ月ぶりに更新した。米長期金利の上昇とともに円相場は1ドル112円台半ばへの円安もあり21日の日経平均は朝方から買いが先行して6日続伸となった。また、東証1部出来高は5月31日以来の20億株台に膨らみ、地合いが意識される展開となった。

 今週の日経平均は、スピード調整を交える中で、1月23日の年初来高値24129.34円を意識する展開となりそうだ。週間ザラバベースで約876円の上昇幅をみた後だけに調整も予想されるが、自民党総裁選での安倍総裁の3選で経済対策面での期待感が高まり地合いは好転している。

 こうしたなか、24日の日米貿易協議(FFR)、26日の日米首脳会談、27日のFOMCというビッグイベントが相場展開のカギを握る。模様眺めムードも強まりやすいが、日米貿易問題では、トランプ大統領の強気姿勢が懸念されるなか、日本側がどのような落とし所を探るかが焦点だ。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。