マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

RSIなどのオシレーター系テクニカル分析で注意したい点

2015年8月18日 19:00

 私は分析手法として、ストキャスティックスとかRSIといったオシレーター系を用いません。以前に使っていた時もありましたが、結構大きな問題点があることに気づいたことで使わなくなりました。

 ストキャスティックスにしても、RSIにしても、通常の相場環境であれば、それなりにワークしますが、ひとたび大相場になると、全く通用しなくなるからです。

 過去に経験したのは、現実のマーケットでは、「なんでもいいからマーケットから逃げたい!」というロングの投げが、どんなレートでも良いからと売り叩いている状況なのに、この時ストキャスティックスは、そんなマーケットの実際とは関係なく、売り過ぎのサインを出し続けました。

 そして一時的に、保ち合いや小反発となると、買いのサインを出しましたが、しかし実際の相場は、それどころではなく再び売りが再開しさらに急落しました。

 ヘタにストキャスティックスの買いサインを信じて買おうものなら、投げで叩き売りしているマーケットに飲み込まれ、とんでもないことになりました。

 数値化したものには一種の安心感があることは確かです。オシレーター系を否定するつもりもありません。

 ただし現実に起きていることが数値分析で許容範囲の相場なのか、そうではない不測の事態の相場であるかを見極める目を持ってこそ、使える手法であることを忘れてはならないと思います。

 相場の現場で何が起きているかを、決して無視してはなりません。そういう意味で、ここ数回ご紹介してきた「相場の参加者がどんな人」で、「相場はどんな仕組みで動いているのか」を知っておくことはとても重要です。

 日々の為替情報につきましては、ブログ「Banya Market Forecast」やメルマガをご覧ください。

水上紀行 プロフィール

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

LINEで手軽に株投資! 初心者でも始められる「LINE証券」の特徴を紹介
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。