マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

健保が続々解散へ 協会けんぽ移行で付加給付の特典消え不満も

2018年9月28日 7:00

健保の解散でどんな「不利益」を被ることになるのか

 健康保険組合は全国に1394あり、加入者は約2900万人にのぼる。だが、ここにきて解散が相次いでいる。背景にあるのは財政難だ。2017年度決算で赤字となった健保組合の割合は40%超に達する見通しだ。健保組合が解散すると、加入者は国からの補助金が拠出されている「全国健康保険協会(協会けんぽ)」に移る。

 健康保険組合連合会が昨夏に発表した試算は衝撃的だ。団塊世代が後期高齢者となる2025年には、全体の4分の1超にあたる健保組合が解散危機を迎えるというのである。

 協会けんぽに移ることで、様々な“不利益変更”が生じる。社会保険労務士の蒲島竜也氏が解説する。

「健康保険には、加入者やその家族が出産した時に受けられる『出産育児一時金』や、会社員が病気やケガで仕事を休んだ時の『傷病手当金』などの保障、給付をすることが法律で定められています。

 多くの健保組合では、そこに独自の保障を上乗せする『付加給付』を設けています。たとえば、本来は5万円前後かかる人間ドックを5000円程度の自己負担で受診できたり、医療費の自己負担上限を月2万~3万円程度に定めていたりする健保組合は少なくない。出産育児一時金の法定額は42万円ですが、5万~10万円程度上乗せしているところも多い。

 健保組合が解散して協会けんぽに移行する場合、保険料率は下がることがほとんどですが、付加給付という“特典”は受けられなくなってしまうのです」

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FX知識ゼロのOLが他人の取引をコピーしてFXを始めるまで
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。