マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

スティーブ・ジョブズもびっくり インド人の“神の交渉術”

2018年10月4日 17:00

ジョブズもたじたじの交渉術!?(写真はイメージ)

 アジアの金融センターと言われ、世界中から富裕層が集まっているシンガポール。民族の構成は中華系が74%と最も多いが、続いてマレー系13%、インド系9%となっており、インドから働きに来ている人や教育のために来ているエリート層や富裕層も数多く存在する。それぞれの民族によって、ビジネスのやり方や交渉の仕方も異なるようだ。『シンガポールで見た日本の未来理想図』(講談社+α新書)の著者で、当地に住むファイナンシャル・プランナーの花輪陽子氏が「インド人の交渉術」についてリポートする。

 * * *
 夫のビジネススクールの友人などエリート層のインド人10人くらいに紛れて、ミャンマーに旅行に行ったことがあります。日本人は我が家だけでした。

 翡翠で有名なミャンマー。同行していたうちの1人で金融業を営むインド人が翡翠を買おうと、店で値切り交渉を始めました。1つ2000円くらいの商品を3店舗で比較し、一番安い店で交渉を開始。

 現地の通貨をドルに変えて計算するために電卓を相手から借りて高速で叩きまくり、値切るのです。やっとのこと、交渉成立したかに思えました。が、クレジットカードで払うと言うと2%チャージすると言われたので、「それはダメだ」と現金をガサゴソ出し始めました。さらに、翡翠のブレスレットでは気に入った色やサイズがなかったので、作ってくれとも言い始め、お店の人も困惑を隠せない様子でした。

 途中で「君も指輪を買うか?」と聞かれましたが、私は興味がなく、暑さで子供もぐずり始め、待っている間、苦痛でなりませんでした。なんと交渉は2時間近くにも及んだのです。彼はもう1泊ミャンマーに滞在する予定でしたが、私たちはシンガポールに戻るため空港に向かわなければならず、「勘弁して……」という感じでした。

 シンガポールで経営者と話していると、「インド人との商談は朝までかかる時がある」という話をよく聞きます。それほどタフなネゴシエーションをしているからこそ、インドの会社も急成長しているのでしょう。『スティーブ・ジョブズ 神の交渉術』という本がありますが、インド人はスティーブ・ジョブズもびっくりの“神の交渉術”と言えるでしょう。味方にしたら神だけど、敵に回したくないと感じました。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。