マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

家電、旅行、日用品… 消費税10%までに「買っておく物」「買わなくていい物」

2018年10月21日 11:00

増税前に買っておくべき商品は何?(写真:時事通信フォト)

 延期に次ぐ延期を重ねてきた10%への消費増税まで、いよいよあと1年を切った。2019年10月の増税前に大きな買い物を済ませるのが得策に思えるが、必ずしもそうではない。増税前に買っておくべきもの、逆に慌てて買ってはいけないものを仕分けした。

 たとえば、増税前に駆け込みで購入するものとして真っ先に思い浮かぶのが、金額が多い「住宅」だろうが、はたしてそれは賢い選択なのか。そもそも個人が所有する中古物件なら消費税がかからないので急ぐ必要がない。また不動産業者が所有する物件については、前回の増税時同様、「住宅ローン減税の延長・拡充」や「すまい給付金」といった支援策が出てくる可能性があるので、それを待ってから判断したほうが得策だろう。

 高額商品である自動車も、慌てて購入するのが得策とは限らない。

「来年10月からは自動車取得税が廃止されますし、替わって導入される『環境性能割(燃費課税)』のかからないハイブリットカーや電気自動車であれば、消費税がアップしても差し引きプラスマイナスゼロに近くなるでしょう。ちなみに自動車購入で発生する消費税は契約時ではなく、納車時(登録時)の税率が適用されます」(ファイナンシャルプランナーの西原憲一氏)

 高額商品に限らず、身近なものでも商品ごとに見極めていく必要がある。個別に見てみよう。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。