マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ソフトバンク「3兆円上場」の思惑と“売られる銘柄”

2018年10月25日 16:00

過去最大のIPOとなる可能性が高いという(写真:時事通信フォト)

 ソフトバンクグループ傘下の携帯事業会社であるソフトバンクのIPO(新規上場)の時期が迫ってきた。投資サイト「IPOジャパン」編集長・西堀敬氏は、「ソフトバンクの上場は、IPO市場のみならず、日本の株式市場全体に大きな影響を及ぼしかねない」という。以下、西堀氏が解説する。

 * * *
 ソフトバンクのIPO(新規上場)の時期は、2018年12月19日が予想される。このIPOでは、市場からの調達資金は約3兆円が見込まれそうだ。

 前期決算でのNTTドコモの当期純利益(税引後利益)と比較すると、ソフトバンクの当期純利益はNTTドコモの約55%となっている。そのNTTドコモの時価総額は約11兆円なので、当期純利益の比率とNTTドコモと同程度のPER(株価収益率)という条件で試算すれば、上場した際のソフトバンクの時価総額は約6兆円と見積もれる。

 現在は親会社のソフトバンクグループ(SBG)がソフトバンク株を100%保有しているが、IPOに際してSBGが保有株の約半分を売り出すとすれば、資金調達額は3兆円程度になっておかしくないと思われる。

 そうなれば、ソフトバンクの上場は、1987年のNTT(資金調達額は約2兆2000億円)、1989年のNTTドコモ(約2兆1000億円)を超え、過去最大のIPOとなる可能性が高い。

 これだけの大規模IPOとなると、まずは同時期に上場する銘柄は大きな影響を受けることを余儀なくされる。2018年のIPO市場は非常に好調で、9月末までにIPOしたほとんどの銘柄において、ブックビルディングに参加して公開価格で株式を取得できていれば、初値がついた時点で投資資金の2倍の利益が出ていたと考えられる。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。