マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

規制強化のふるさと納税に「裏メニュー」が存在? カギは週末に…

2018年11月16日 7:00

ふるさと納税の豪華返礼品はまだまだ健在?(イメージ)

ふるさと納税の豪華返礼品はまだまだ健在?(イメージ)

 実質自己負担2000円で全国各地の自治体から豪華な返礼品を受け取れるとして大ブームを巻き起こしたふるさと納税。返礼品競争が激化したことが問題となり、総務省が規制強化を進めているが、したたかな自治体は“裏メニュー”を用意して対抗している。

 金曜の夜に掲載された豪華な返礼品が、月曜の朝に忽然と姿を消す。ある「ふるさと納税サイト」ではそんな不思議な現象が起きていた──。

 2008年にスタートした「ふるさと納税」は、自身で選んだ地方自治体に一定額を寄付すると、納めた住民税が税額控除される制度だ。

 自治体側は返礼品を提供するが、より多く寄付金を集めようとする競争が過熱。2017年4月に制度を所管する総務省から、「(寄付額に対する)返礼割合が3割超の返礼品は不可」という方針が各都道府県に通知された。

 さらに今年9月には3割以上の返礼品を出し続けている246自治体を名指しした報告書を公開し、より強く方針の遵守を求めた。これを受け、多くの自治体は返礼割合3割以上の商品を取り下げた。ただ、一部の自治体は“抵抗”を続けていた。

 その一端を報じたのが朝日新聞の〈ふるさと納税 豪華「裏」返礼品〉(11月2日付、朝刊)と題した記事だった。

“裏技”を知る者だけが返礼割合の高い商品を入手できるという内容で、記事では2種類の手法を自治体名をあげて説明している。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FXトラリピの成功者2人が語る「長期運用の秘訣」とは
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。