マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

不動産

固定資産税の過大徴収分の回収、カギはご近所との情報交換

2018年11月22日 11:00

請求された固定資産税が適正かどうかを判断するのは難しい

請求された固定資産税が適正かどうかを判断するのは難しい

「消えた年金」や「納め過ぎた相続税」など、手続きを踏むことで“本当は取り戻せるお金”は数多く存在しているが、自治体の「取り過ぎ」が問題化しているのが固定資産税だ。

 2017年12月、東京都内の男性が都税事務所の計算ミスで過大に徴収されたと国家賠償を求めた裁判で、東京地裁は15年分で約540万円の支払いを都に命じている。

 総務省の調査では、固定資産税の取り過ぎで減額修正されたのは全国で25万件以上(2009~2011年分)にのぼり、自治体に点検を指示したが、その後も横浜市、名古屋市、岡山市など全国で取り過ぎが発覚している。

 千葉県佐倉市では今年9月、マンション1棟(414戸)から4年分で約1948万円も取り過ぎていたことが発覚。加算金を含めた全額返金を決めた。香川県仲多度郡まんのう町ではこの11月、住宅1軒から35年間で129万円を過大徴収していたと発表した。

 原因の大半は自治体側の計算違いや減免措置の適用漏れという単純ミスだった。税理士で不動産鑑定士の下崎寛氏が指摘する。

「土地の固定資産税過大徴収で多いのは、減免対象の住宅用地なのに“非住宅用地”とされて3倍以上の税額を請求されるケースです。また、古くて不正確な公図を使って計算した結果、土地の間口や奥行きが間違って評価されたケースも少なくない。

 家屋部分は、建て替えやリフォームをきっかけとした評価替えの際に計算ミスが起きやすい。家屋の床面積にバルコニーまで含めて計算されてしまった事例もありました」

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントを無駄にしていませんか? ポイントを投資に有効活用
2019年の為替相場を予想する上で注目したい5つの点
月5000円の金利収入も メキシコペソのスワップポイント比較
楽天ポイント投資を徹底解説 初心者におすすめの始め方は?
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。