マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

葬式代、健康保険から最大7万円返ってくること知っていますか?

2018年11月26日 11:00

葬式代が健康保険から返ってくる?(イメージ)

葬式代が健康保険から返ってくる?(イメージ)

 親や家族の最期を看取り、気付いたら四十九日、という感覚は自然なものだろう。喪失感が大きい状況で、役所での手続きや葬儀の手配など、やらなくてはいけないことが多いからだ。ただ、加入する健康保険に申請すれば取り戻せるお金がある。葬儀費用だ。終活ソーシャルワーカーの吉川美津子氏が説明する。

「故人が自営業などで国民健康保険加入者だった場合、『葬祭費』が支給されます。金額は自治体によって異なり、1万~7万円程度。75歳以上で後期高齢者医療制度に加入していた場合は、支払われるお金の幅は3万~7万円となります」

 一方、故人が会社員などで健保組合、ないし協会けんぽの加入者の場合、一律5万円の『埋葬料』が支給される。勤め先によっては、別途数万円の埋葬附加金が支払われることもある。

「いずれも、葬儀を行なった人であれば、親族はもちろん、友人・知人でも申請できます。ただし、健保組合、協会けんぽに友人・知人が申請した場合、5万円を限度に実際にかかった費用のみ支払われます」(同前)

 手続きに必要なのは、国民健康保険か後期高齢者医療保険加入者の場合、故人の保険証や死亡診断書、葬儀費用の領収書、喪主の印鑑、金融機関の預金通帳、マイナンバーなどで、市区町村に申請する。

 健保組合、協会けんぽの場合、扶養家族が申請するときは、申請書と死亡を証明する事業主(勤め先)の書類、証明書、マイナンバーが必要になる。それ以外の人が申請するときは、さらに埋葬費用の領収書と明細書を用意し、加入する健康保険の窓口に申請する。

「申請期限はいずれも死亡日から2年以内。これを過ぎると、期間外とされて支給されません」(同前)

 葬儀費用は安くない。余すことなく取り戻そう。

※週刊ポスト2018年11月30日号

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

「LINE」の500円から始める積立投資 特徴は低リスク志向の初心者向け
楽天やdポイントで株投資 100ポイントの少額投資も可能
キャッシュレス決済「LINE Pay」の使い方や特徴を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。