マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

孫が介護する“老老老介護”時代 「6ポケット」が「6オムツ」に

2018年12月9日 16:00

孫の“重荷”にはなりたくないけれど…(イメージ)

孫の“重荷”にはなりたくないけれど…(イメージ)

 親の介護や看病をするために仕事を辞めなければならない「介護離職者」は年間10万人に及ぶ。

 最も多い世代は女性50代後半、男性は60代前半だ。定年後、年金をもらうまで雇用延長や再雇用で働くつもりだったが、親が寝たきりになったためにやむなく離職を選択した事情がうかがえる。

 しかし、10年も経てば、介護離職した世代が今度は「介護される側」に回る年齢になっていく。寿命だけは伸びて親は寝たきりのまま、子も体がいうことをきかなくなって介助がほしい。そうなったら親子2代の“要介護者”を誰が面倒見るのか。

「まさか赤ん坊の時にオムツを替えてあやしてやった孫から、100歳近くになった自分が下の世話をしてもらうことになろうとは……」

 そう、孫しかいない。そんな時代の兆しはすでに現われている。埼玉在住のAさん(75)は2年前に脳梗塞で倒れて右半身が不自由になった。長男家族との同居を決めたのは孫の存在が大きかったという。

「私が倒れて介護が必要になった時、一家の大黒柱の息子が仕事を辞めるわけにはいかず、就職が決まらずにバイトをしていた孫が面倒を見てくれるようになりました。車椅子を押してリハビリにも連れて行ってくれる。おかげで助かっていますが、孫は私の世話にかかりきりで就職活動ができない。孫の将来を考えると可哀想で……」

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

週に1回設定を見直すだけの「シューイチFX」で年利40%を本気で目指す
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。