マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

新規上場するソフトバンク株は買いか、見送りか?

2018年12月11日 17:00

過去最大級のIPO、ソフトバンク株の投資妙味は?(孫正義氏)

過去最大級のIPO、ソフトバンク株の投資妙味は?(孫正義氏)

「年内に仕込むべきか否か」が投資家の間で話題となっているのが、12月19日に新規上場(IPO)されるソフトバンク株だ。すでにブックビルディング(新規公開株の需要予測)は終了しており、公開価格で購入できるのは抽選に当たった人に限られる。

 売り出し価格の1500円(仮条件。売買は100株単位)に対し、「上場時の初値は5%程度上昇すると見込んでいる」(投資サイト『IPOジャパン』の西堀敬・編集長)と期待を集めている。

 市場からの資金調達額は2兆6000億円規模とされ、1987年に個人投資家の「株ブーム」を巻き起こしたNTT株(2兆2000億円)を超える過去最大級のIPOとなる可能性が高い。

 では、今年最後の目玉銘柄を新規上場後に購入するのは得策なのか。ケイ・アセット代表の平野憲一氏はこう読む。

「政府の『4割値下げ要請』に象徴されるように、携帯電話各社は来年も値下げ競争を迫られそうで、収益が低下する懸念は消えない。上場後の株価には不透明感が漂います。

 ただし、ソフトバンク株は配当性向の高さを謳っており、年間配当利回りは約5%と極めて高水準になる見込み。短期での株価上昇ではなく、長期保有による配当狙いが適していると思います」

 大納会までの“今年最後の主役”であることには間違いないが、一方で来年の大発会での「お年玉銘柄」にはならないという見方のようだ。

※週刊ポスト2018年12月21日号

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

仮想通貨で1日3億円稼ぐKAZMAXがFXに注目する理由
トルコリラ2019年の見通しをトルコ人アナリストが徹底予想
月5000円の金利収入も メキシコペソのスワップポイント比較
楽天ポイントやdポイントを無駄にしていませんか? ポイントを投資に有効活用
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。