マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

胃がん、肺がん、大腸がん「3大がん」にかかる治療費のすべて

2018年12月14日 7:00

3大がんにかかる治療費(5年間総額)のすべて

3大がんにかかる治療費(5年間総額)のすべて

 内閣府『がん対策に関する世論調査』(平成28年)によれば、がんが怖いと思う理由の上位に「治療費が高額になる場合があるから」が挙げられている。だが、その「治療費の総額」を知っている人は、どれくらいいるだろうか。怖いのは、「お金がかかること」よりも「正しい金額を知らないこと」なのだ。

怖いから不安、不安だから怖い

 アメリカンファミリー生命保険会社(現アフラック)が行なった「がんに関する意識調査」(2011年)では、がん治療にかかわる費用(入院、手術、薬代など)がどの程度かかると思うかを尋ねたところ、がんにかかったことのない回答者の半数以上が「300万円以上、もしくは300万円程度」と回答した。

 一方で、がん治療を経験した人の66%が「50万円程度」ないし「100万円程度」と回答。このギャップは現在も歴然と存在し、がん罹患経験のない人は「がん治療にかかる総費用」に関する知識が乏しいままだ。

 そうした不安を如実に反映しているのが「がん保険」だ。高額な医療費に備えた「先進医療特約」は根強い人気を誇り、保険会社の“ウリ”になっている。

“がんになるといくらかかるかわからず心配だから、万一に備えて特約を付けておこう”―加入者の心理が働いているのだろう。「がん治療費.com」を運営する笠井篤氏が指摘する。

「『がんになったけど治療費はどれくらいかかりますか?』と相談をされる方は非常に多い。実際には、公的保険制度が適用される標準治療なら意外とおカネはかからないのですが、その事実を知らず、経済的な不安を漠然と感じている人が大勢います。がん治療にかかる自己負担の『総額』がいくらなのかを正しく知ってさえおけば、がんに関する治療費の不安も解消されるはずです」

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

「LINE」の500円から始める積立投資 特徴は低リスク志向の初心者向け
楽天やdポイントで株投資 100ポイントの少額投資も可能
キャッシュレス決済「LINE Pay」の使い方や特徴を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。