マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

ビットコイン暴落でマイニング装置企業の涙目、資産も激減

2018年12月19日 7:00

ビットコインを始めとする仮想通貨の暴落が企業業績を直撃

 仮想通貨のマイニングに使われる装置では世界シェアの7割超を占めるビットメインが香港市場にIPO(新規上場)の申請したのは9月26日。あれから、3か月弱が経過したが、依然としてIPOは行われていない。

 そのほか、業界トップ3である嘉楠耘智、億邦国際も香港市場にIPO申請を行っているが、嘉楠耘智については有効期限を過ぎており、申請自体が失効している。億邦国際については有効期限が迫っている。残るのはビットメインだけであるが、現状では実現の可能性は低いとみられている。

 この背景にあるのは事業環境の急激な悪化である。12月16日の毎日経済新聞(中国メディア)によれば、ビットメインのマイニング装置T9+は1月3日には2万4900元(約41万円、1元=16.5円、以下同様)で販売されていたが、現在は1150元(約1万9000円)まで値下げされている。全体に価格が大きく下がっており、同じシリーズの最高機種であるS15 27T(電源込み)でも9000元(14万8500円)に過ぎない。

 マイニング装置価格下落の要因は、もちろん仮想通貨が軒並み暴落していることにある。

 ビットコイン(BTC/JPY)の価格推移をみると、2017年末には200万円を超えていたが、12月16日の終値は36万2506円である。ほかの仮想通貨も大きく下げており、こんな状態ではマイニング業者の設備投資が進むはずもない。

 ビットメインは、マイニング装置の製造販売のほか、マイニングも行っており、2018年6月30日現在、仮想通貨の保有額は総資産の28%を占めていた。仮想通貨価格の下落は収益面だけでなく、資産評価の面でも大きなマイナス要因となっている。

 各国政府の間では、仮想通貨取引がマネーロンダリングの温床として使われるとの警戒感が強い。仮想通貨は紐づけされる価値が希薄であり、価格形成が不安定で、投機がはびこりやすいといった特性がある。今後、金融商品として確立されるかどうか不透明なところがある。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FXトラリピの成功者2人が語る「長期運用の秘訣」とは
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。