マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

年金受給 「繰り上げ」「繰り下げ」どっちが正解?

2018年12月29日 15:00

年金「繰り上げ」「繰り下げ」の損益分岐点はどこにある?
年金「繰り上げ」「繰り下げ」の損益分岐点はどこにある?

 年金大改悪を前にして老後の「お金」の悩みを抱えているのは、あなただけではない。「年金博士」こと社会保険労務士の北村庄吾氏が講師を務める老後資産セミナーでは、“老後に必要なお金はどのくらいか”“医療費の不安はどう解消するか”といった切実な質問が飛び交う。

 年金博士に寄せられる相談で最も多いのが、年金の「繰り上げ」と「繰り下げ」に関するものだという。

 現在の年金制度では、早ければ60歳から受給できる「繰り上げ」と、70歳までの「繰り下げ」が選択できる。年金額は、受給を1か月繰り上げるごとに0.5%減額され、1か月繰り下げるごとに0.7%増額される。

 判断が難しいのは、自分が「損益分岐点」より長く生きるかどうかわからないからだ。

「60歳に繰り上げると76歳8か月より長く生きれば損をすることになるし、70歳繰り下げだと81歳10か月まで生きれば得になる。何歳まで生きるかは誰にもわからないので、現時点での経済状況や健康状態などを考慮して、自分に合った受給の仕方を考えるべきです」(北村氏)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。