マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

年金生活でも節税できる 「年金確定申告」のやり方

2019年1月3日 11:00

確定申告で医療費を取り戻す

確定申告で医療費を取り戻す

 年金受給者でも節税できることをご存じだろうか。公的年金の受給額が「年間400万円以下」ならば、原則として確定申告は不要だ。しかし、年金生活者でも確定申告すれば還付を受けられる(図参照)。

「特に医療費は年間10万円もしくは所得の5%を超えれば還付を受けられます。手術代や入院代はもちろん、市販の薬代や包帯代、通院にかかったタクシー代や宿泊費なども医療費に含まれる。しかも配偶者や扶養に入っている家族の分まで合算できるので、意外と簡単に10万円を超えます」(元国税調査官の大村大次郎氏)

 高齢の母が認知症で専門病院に入院し、医療費や食費などを肩代わりしているA氏(61)のケース。母親のほか、自身や家族を含め、年間50万円近い医療費を確定申告したところ、5万円近い税金が還付された。

 医療費だけでなく、社会保険料や住宅ローンなど確定申告で納めた税金が戻ってくるケースは多岐にわたる。「面倒くさいから」と敬遠する人も多いが、税務署に行けば職員がアドバイスしてくれる。

※週刊ポスト2019年1月1・4日号

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
30代FX投資家 「リスク」重視の運用で1000万円を突破

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。