マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

単元未満株でも株主優待品をゲットできる「端株優待」とは?

2014年2月2日 9:49

「桐谷さん」こと、元プロ棋士・桐谷広人氏の大ブレイクで注目を集めている株主優待投資。誰もが桐谷さんの真似はできないとはいえ、優待の達人たちはどんな投資をしているのか。ここでは40代男性投資家・JACKさんが自らの株主優待投資術を解説する。

* * *
 私は株主優待目当てで50銘柄ほどの「端株」を持っています。端株とは単元未満株のことで、例えば取引所では100株単位でしか買えないはずの株を、一部証券会社では1株単位で買うことができるのです。

 1株しか持っていなくても、割引券や招待券、自社オリジナル製品のほか、QUOカードや図書カードなどがもらえる企業もあります。それらを総称して「端株優待」と呼んでいます。「端株優待」は公表していない企業も多いので正確な数は不明ですが、100社ほどあるのではないでしょうか。

 通常なら最低投資金額が10万円の株も、端株なら1000円で買えます。私自身、50銘柄ほど持っていますが、その投資総額はたった10万円程度です。

 端株優待のひとつとして「全株主タイプ」の優待があります。これは、自社製品を割安で購入できる優待割引販売を実施している日清オイリオやJ-オイルミルズ、自社グループ店舗の10%割引券がもらえるダイナックなどがあります。ほかにも、手帳がもらえる十六銀行、卓上カレンダーがもらえる川崎近海汽船など、オリジナル商品も豊富です。

 このタイプは、株主優待の条件として「全株主に株主優待を発行する」という一文が書かれていることが多いんです。「全株主」がキーワードですね。

※マネーポスト2014年新春号

<株系注目記事>

FXにも挑戦したい人必見! 初心者向きFX記事まとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。