家計

定番の「3パック納豆」はいくらなら安い? 70円台なら「買い」か

納豆の定番『おかめ納豆 極小粒ミニ3パック』

納豆の定番『おかめ納豆 極小粒ミニ3パック』

 日本の朝食の定番・納豆。毎日のように食べるからこそ、できるだけ安く買いたいという人も多いだろう。そこで、スーパーなどに並んでいる定番の納豆が、どれくらいの価格で販売されているのか、実店舗にて調査した。

 今回調査対象としたのは、タカノフーズが販売している『おかめ納豆 極小粒ミニ3パック』。オレンジ色のパッケージでお馴染みの商品で、多くのスーパーマーケットでメイン商品として大量に販売されている。内容量50gの3パック入りで、たれとからしも添付されている。

 調査したエリアは、東京都渋谷区、港区、世田谷区近辺のスーパーマーケット、ディスカウントストア、コンビニ。期間は1月10日~25日、価格はすべて税別で表示する。

最安値は65円、最高値は100円

『おかめ納豆 極小粒ミニ3パック』の店舗別販売価格は、以下の通り(店舗名はイニシャル)。

・港区スーパーマーケットP:78円
・世田谷区スーパーマーケットE:77円
・世田谷区スーパーマーケットO:78円
・世田谷区スーパーマーケットS:65円
・世田谷区スーパーマーケットT:98円
・世田谷区スーパーマーケットM:98円

・渋谷区ディスカウントストアD:78円
・世田谷区ディスカウントストアP:78円

・港区コンビニF:100円
・港区コンビニS:100円

 最安値はスーパーマーケットSの65円、最高値はコンビニの100円。その差は実に35円。100円を通常価格と考えれば、35%オフということになる。

 また、世田谷区のスーパーマーケットMでは98円となっていたが、この日は「納豆全品98円均一」というセールをやっていた。『おかめ納豆 極小粒ミニ3パック』としては「98円」という価格設定は安いものではないのだが、もともとの価格が高い商品についても98円で販売されており、そちらのほうで割安感を演出していたことになる。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。