マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

定番の「3パック納豆」はいくらなら安い? 70円台なら「買い」か

2019年2月1日 15:00

納豆の価格は日々変動。安い商品を選ぶのもアリ

スーパーマーケットでは様々な種類の納豆が販売されている

スーパーマーケットでは様々な種類の納豆が販売されている

 概ね70円台から100円程度で販売されることが多いことがわかった『おかめ納豆 極小粒ミニ3パック』。そんななかでの「65円」という価格は、相当な特売だったと言えそうだ。コンビニやスーパーマーケットに詳しいフリーライターの小浦大生氏は、納豆の価格についてこう話す。

「定番の『おかめ納豆 極小粒ミニ3パック』は最大100円、それより安く売られていたら、割り引かれているということです。スーパーマーケットでの販売価格は日々変動しているので、複数のスーパーに立ち寄って、もっとも安いお店で買うというのもいいでしょう。個人的な感覚ではありますが、70円台であれば『買い』、65円だったら『絶対に買うべき』というくらい。80円台後半以上であれば、まあ普通の価格かな、という印象です。

 また、『おかめ納豆 極小粒ミニ3パック』はそこまで安売りされていなくても、別の商品が安売りされていることもよくあります。『おかめ納豆 極小粒ミニ3パック』は90円前後でも、横に陳列されている商品に目を向けてみると、60円台で売られている、というのはよくあるパターン。もちろん別の商品なので味が違ったり、内容量が若干少なかったりもしますが、その時々で安い商品を選ぶというのはアリだと思います」

 ちなみにおおよそ70円台~100円だった『おかめ納豆 極小粒ミニ3パック』の大豆はアメリカ・カナダ産。一方、日本国内産の大豆を使った納豆は3パックで120~160円くらいの価格帯となっているようだ。

「『おかめ納豆 極小粒ミニ3パック』はそこまで値下げをしていなくても、国産の納豆の方を値下げしていることもよくあります。いつも買う納豆だけでなく、いろいろな納豆の価格を把握しておいて、より値下げされている商品を買うのもいいと思います。

 コンビニの場合は、プライベートブランドであれば68~75円くらいの価格で購入できます。豆の大きさや味は変わってきますが、安さを求めるのであれば、コンビニPBというのも選択肢となるでしょう」(小浦氏)

 毎日食べるものだからこそ、安いものを選びたい納豆。日々の価格変動を把握しておくことが、節約への近道と言えそうだ。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

「LINE」の500円から始める積立投資 特徴は低リスク志向の初心者向け
楽天やdポイントで株投資 100ポイントの少額投資も可能
キャッシュレス決済「LINE Pay」の使い方や特徴を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。