マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

親の死後、もらい損ねた年金と払い過ぎた相続税を取り戻す

2019年2月11日 16:00 週刊ポスト

 見逃してはならないのが、“相続税の払い過ぎ”だ。具体的には、相続財産である土地や建物の評価額が申告時に過大評価されていたり、申告書の作成を任せた税理士が相続に詳しくないため生じる記入ミスなどが原因となったりして過払いが起きるという。税理士でファイナンシャルプランナーの福田真弓氏が解説する。

「納税額が本来納めるべき額より少なかった場合には『修正申告』を行ないますが、延滞税や過少申告加算税がかかってしまうので、判明したらできるだけ早く手続きしたほうがよい。一方、本来より多く納めていた場合には『相続税の更正の請求』を行なえば還付を受けられますが、期限は相続税の申告期限(10か月)から5年以内です」

 相続税は額が大きいため、払い過ぎで還付される金額が数千万円単位になるケースもある。

※週刊ポスト2019年2月8日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。