マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

高齢の親に「遺言書」「財産目録」を正しく作ってもらう手順

2019年2月21日 15:00

後々もめないために親子全員で家族会議を(イラスト:河南好美)

後々もめないために親子全員で家族会議を(イラスト:河南好美)

 親の死後、円滑に相続手続きを進めるには、「遺言書」を作ってもらっておくことが重要だ。遺言が残されていないと、親が亡くなった後に法定相続人全員が署名捺印した遺産分割協議書を作らなくてはならず、意見がまとまらないと長期間にわたる“争族”になってしまう。そうならないために、親子全員で家族会議を開き、遺産分割の内訳をあらかじめ決め、それを親が遺言書に書き残しておくのである。

 家族会議では、まず親の財産を把握したい。

「預貯金や株・債券、金融商品、生命保険などを親から聞き取り、財産目録を作成していく。ここで見落としがあると、親の死後に二度手間になってしまいます」(相続コーディネーターの曽根恵子氏)

 漏れてしまいがちなのが、クレジットの借り入れや個人間での借金だ。

「親としては借金を言い出しにくいので、子供から『知人の親が借金を隠していて大変だった。お父さんは大丈夫?』と、それとなく話題にして反応を窺うことが大切です」(同前)

 目録には、預貯金なら口座のある支店名、口座番号、残高、有価証券なら銘柄ごとの株数、不動産なら地番、生命保険なら受取人など、財産の種類ごとに細かな内容まで記載する。借金がある場合は、借入額と毎月の返済額を整理しておく。

 親の財産を把握した上で、遺産分割の話し合いに移る。「墓や仏壇の管理をどうするか」など話しやすいテーマで親の緊張を解き、徐々に本題に入るとスムーズだ。結論が出たところで、遺言書を作成する。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FXトラリピの成功者2人が語る「長期運用の秘訣」とは
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。