マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

あなたはいくら取り戻せる? 確定申告「医療費控除」の計算方法

2019年3月9日 11:00

意外と簡単な医療費控除の計算方法

意外と簡単な医療費控除の計算方法

 2018年分の確定申告は3月15日まで。うちは関係ないと思っている人も、最後にもう一度チェックしてもらいたいのが、“医療費”。昨年1年間に支払った“家族合算”での病院代や市販薬代が一定金額を超えている場合、税務署に確定申告すると、納めた税金を取り戻せるのだ。今まで申告していない人も5年間さかのぼって申告できるので、この機会にぜひ確認しよう。

 年齢を重ねると、医療関係費が増えてしまう…。そんな不安に対し、心配しすぎなくても大丈夫と言うのは、ファイナンシャルプランナーの高山一恵さんだ。

「日本の公的医療制度は手厚く、医療関係費がかさんだ場合、軽減策があるんです」(高山さん・以下同) 

 その軽減制度の1つが確定申告だ。申請すれば、払いすぎた税金を取り戻せる。

「1年間に支払った医療費が10万円以上か、あるいは課税所得の5%(*1)を超える場合に受けられるのが『医療費控除』です。申請用紙に必要事項を記載し、税務署に申告すれば、超過分が課税対象額から控除され、その結果、所得税と住民税が“安く”なります。この場合の医療費とは入院や手術代、治療費のほか、通院時の交通費やインプラントなどの自由診療費、処方薬や市販薬も対象になります」

【*1:課税所得金額が200万円未満は所得の5%。例えば、年金収入しかない場合で公的年金による所得が100万円の場合、医療費が5万円以上あれば控除対象になる】

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
30代FX投資家 「リスク」重視の運用で1000万円を突破

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。