マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

母の物忘れがひどくなった これは認知症なのかうつ病なのか

2019年3月15日 15:00

認知症なのかうつなのか

 今から7年前、母・ユリコさんが60歳の時に「若年性認知症」と診断された芸人・ハナさん(40歳・仮名)。日常生活を送るなかで、言動がいつもと違うという周囲の“気づき”が認知症の早期発見につながるというが、「若年性」の場合、本人も周囲もまさか認知症とは思わないのが実情だ。

 シリーズ「母が若年性認知症に…」第4回。今回は、ハナさんが若年性認知症と診断される前に出ていた「物忘れ」の症状について。

 * * *
 認知症になると、ミスが発覚したときに「取り繕う」ようになるという。聞かれたことに答えられない場合は、ごまかすようになる。また作り話をしたり、つじつまを合わせようとしたりするのも、認知症の症状だ。年相応のもの忘れであれば何かきっかけやヒントがあれば思い出せるのに対し、認知症では何度も「夕食まだ?」と聞くなど、行為そのものを忘れてしまう。

忘れ物が加速度的に増えていった

 注意深いユリコさんは、それまで忘れ物とは無縁の生活だったのに、いつしか外出のたびに忘れ物をするようになった。最初は「お土産屋さんで買ったキーホルダー」といった小さなものだったが、徐々に「化粧ポーチ」「カーディガン」など、大きいもの、目立つものも外出先に忘れるようになっていった。

 ハナさんがユリコさんとデパートで買い物をしていた時のことだ。ユリコさんが「傘をトイレに忘れた」と言い出したので、ハナさんが「どこのトイレ?」と聞いたら、ユリコさんは取り乱したように「違うの! わたし、そんなつもりは……」と自分の擁護を始めた。ユリコさんは何も悪いことをしていないし、誰もユリコさんを責めていないのに。結局ユリコさんはどのトイレか思い出せないままで、傘は見つからなかった。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコリラ2019年の見通しをトルコ人アナリストが徹底予想
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。