マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

中川淳一郎のビールと仕事がある幸せ

ラーメンスープを自作してみた たどりついた味とコストは?

2019年3月16日 16:00

5リットル入る鍋で2時間。自作のラーメンスープの出来上がり

 ラーメンは日本の国民食である。美味しいラーメンを食べた時はしみじみと幸せな気持ちになるという人も多いだろう。そんなラーメンの命は「スープ」だが、だからこそ素人がラーメン屋に手を出すとヤケドする、とも言われる。はたして普通の人がラーメンスープを自作したらどんな味になるのか。また、どのぐらいの値段がかかるのか。最近、自作のラーメンスープづくりにハマっているというネットニュース編集者の中川淳一郎氏がリポートする。

 * * *
 私は毎週金曜に決まって同じラーメン屋に通う生活をこの4年ほど続けています。同店のスープを飲むと「あぁ、これはウマい」としみじみとしながら、その週の激務を振り返り、心からホッとできるのです。

 自宅でも3食入りの生麺+スープを使ってラーメンやタンメンを作ることは多いのですが、ここ数年は麺だけ買って「創味シャンタン」を使ってスープを作ることが増えました。これもおいしいのですが、ふと「自分でスープを作ってみたらどうなるのか?」と考えました。

 かつて漫画家・東海林さだお氏はラーメンスープづくりにハマり、仕事関係者を呼んで自作のラーメンを振る舞ったといいます。けっこう高評価だったようですが、ハマった理由は分かります。何しろ、「よりおいしいスープを作る方法」を毎度考えるようになり、材料を変えたり、煮込む時間を変えたりし、理想のスープを追い求める過程がとにかく楽しいのです。

 私自身が試行錯誤しながら何度か作った結果、たどりついたのが以下のスープです。使った鍋は縁まで入れたら5リットル入る鍋で、グラグラ煮ますので、4リットルあたりの線でとどまる量にします。

【材料】
・鶏ガラ1羽分(そのまま入れる)
・タマネギ1個(乱切り)
・生姜4cm分(薄切り)
・ニンニク4かけ(潰しておく)
・ネギの青い部分1本分(4cmほどに切る)
・干しシイタケスライス20枚ぐらい(そのまま入れる)
・ニンジン10cm分(皮つきで適当に切る)
・パックに入ったアゴダシ2袋
・昆布20cm分

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

FX自動売買おすすめ一括比較!初心者の始め方なども紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。