マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

「年金満額まで数年足りない!」60才過ぎてから上乗せする方法も

2019年3月21日 7:00

任意加入の手続き
任意加入の手続き

 複雑な年金制度。申請ミスや切り替えミスなどで、もらい損ねることが起きがちだ。その一方で、「どうせそんなにもらえないから」と、年金の保険料を未納のまま放置する人もいる。特に多いのが、夫が会社員から脱サラして自営業を始めるケースだ。埼玉県在住の主婦・飯田さん(60才)が話す。

「5年前に夫が脱サラして、500万円ほどの退職金と貯金を元手に手打ちそば店を始めました。自営業なので、国民年金を2人分納めないといけなくなったのですが、店の経営はカツカツ。少しでも出費を抑えたいし、どうせ大した額ももらえないので、年金保険料を払わなくなりました」

 国民年金の受給資格を得るには10年以上、保険料を納める必要がある。夫が長年、会社員だった飯田さんの場合、第3号の期間が長かったのですでに受給資格はある。

 しかし、国民年金は20~60才の40年間保険料を納めて満額を受け取れる。飯田さんが満額を受け取るにはあと5年足りない。ブレインコンサルティングオフィスの北村庄吾さんが話す。

「あと5年分納めれば満額もらえるのに、とてももったいないケースです。飯田さんは60才で、受給開始も目の前。年金は死ぬまでお世話になるものなので、できるだけ増やしておいた方がいい。今からでも増やす方法として、国民年金の『任意加入』を活用すべきです。60才からでも保険料を納めれば、将来受け取る年金を増やせます」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。