マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

牛丼価格戦争、ドーナツに行列も 平成中期に流行った食べ物・飲み物

2019年3月23日 15:00

デフレの影響で牛丼の“価格破壊”が進んだのも記憶に新しい(イメージ)
デフレの影響で牛丼の“価格破壊”が進んだのも記憶に新しい(イメージ)

 洋服や音楽に流行があれば、食べ物にも流行があるのは当たり前。平成の30年間には、いろいろな食べ物が流行りました。ライターの金子則男氏が平成中期(1997~2008年)に流行した食べ物を振り返ります。

【ベルギーワッフル:1997年】
 こちらの流行は、“行列が評判を呼び、やがてブームになる”という、ひとつの流行の典型を歩んだパターンでした。大阪のベルギーワッフル店「マネケン」のワッフルが評判になって行列ができ、その後、全国にできたお店にも行列ができました。ベルギーワッフルは今でも人気があり、廃れていないところを見ると、ブームと呼ぶよりは「登場」というのが正しい表現かもしれません。

【赤ワイン:1997年】
 これまでに何度も流行の波がやって来ているのがワイン(特に赤)ですが、とりわけ大きかったのが1990年代後半の赤ワインブーム。それを後押ししたのが「フレンチパラドックス」でした。直訳すれば「フランス人の逆説」というこの言葉は、フランス人がバターやチーズなどといった動物性脂肪分をたっぷり摂っているのに、心臓病による死亡率が低いのが、科学的に説明できないこと。「どうやら赤ワインが良いらしい」という話が出て、それもあってか大ブームになりました。

【桃の天然水:1998年】
 当時、トップ歌手だった華原朋美をCMに起用して、爆発的にヒットしたのがこの商品。彼女がCMで連呼した「ヒューヒュー」という単語はさっぱり意味不明でしたが、それでも流行語になりました。近年は透明飲料が大流行していますが、いま思えばその先駆けだったのかもしれません。

【エッグタルト:1999年】
 1990年代にはティラミス、ナタデココ、パンナコッタなど、世界各国のお菓子が流行りましたが、それを締めくくったのが1999年に流行したエッグタルト。こちらはポルトガルのお菓子です。生地の上にカスタードを載せ、見た目も美しいこの商品は、マカオの人気店が上陸したことで人気を博しました。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。