マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

退職金の運用 高金利の専用定期預金もあるが注意点も

2019年3月31日 7:00

退職金専用定期の注意点とは?
退職金専用定期の注意点とは?

 銀行や信用金庫など金融機関の多くは、退職金の獲得をめざして様々な特典を盛り込んだ『退職金専用定期預金』を用意している。

 最大のメリットは金利優遇だ。預入期間が1~6か月と短い代わりに、その間は0.5~1.5%と一般的な定期預金の50~150倍前後の金利がつくケースもある。

 開設は「退職後1年以内」という条件がつくケースが多く、原則として、預入期間が過ぎると一般の定期預金と同じ金利に変更される。

 だが、一度退職金専用定期の預入期間が終わっても、「旨味」を享受する方法もある。ファイナンシャルプランナーの深野康彦氏が解説する。

「最初に預け入れた口座の高金利期間が終了したら、別の退職金専用定期に預金を移し替えれば、新たに高金利の優遇を得ることができます。

 1年以内なら他の銀行に預け替えられるので、退職から1年を迎える直前に6か月の退職金専用定期を組めば、高金利期間を1年半近くまで延ばすことができます」

 ただし注意点もある。社会保険労務士でファイナンシャルプランナーの和田雅彦氏が指摘する。

「退職金専用定期の中には、短期間の高金利をメリットに謳いながら、投資信託を購入することを口座開設の条件とするものがあります。資産を増やせるチャンスでもある一方、投資対象によっては元本割れのリスクもあります。そういったリスクや手数料を含めた慎重な判断が必要です」

※週刊ポスト2019年4月5日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。