マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

年金受け取り 定期預金運用なら都市銀行より地銀・信金が有利

2019年4月1日 7:00

年金の受け取る際も口座の選択次第でお得に(イメージ)
年金の受け取る際も口座の選択次第でお得に(イメージ)

 老後資金の柱である「退職金」と「年金」について、“得する手続き”や“受け取る方法”はメディアで盛んに特集されるが、“どの口座で受け取るか”に気を配っている人は少ない。

 例えば、退職金については銀行や信用金庫など金融機関の多くが、退職金の獲得をめざして様々な特典を盛り込んだ『退職金専用定期預金』を用意している。

 最大のメリットは金利優遇だ。預入期間が1~6か月と短い代わりに、その間は0.5~1.5%と一般的な定期預金の50~150倍前後の金利がつくケースもある。

 年金の受け取りも、退職金と同じく口座の選択が重要だ。当面の生活資金があり、年金を貯蓄に回す余裕がある人は年金定期預金を考えたい。ファイナンシャルプランナーの深野康彦氏がいう。

「2か月に1度振り込まれる年金の受取口座に指定することで金利が優遇される定期預金で、現在の一般定期の金利が0.01%ほどなのに対し、0.05%以上の金利が設定されています。都市銀行に比べ、地銀、信金の方が手厚い傾向にあります」

“特典”は金利だけではない。各地の特産品やギフトカード、旅行や観劇の招待または優待券のプレゼントのほか、銀行の営業担当者による見守りサービスや、24時間の健康相談ホットラインなどを用意している金融機関もある。

※週刊ポスト2019年4月5日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。