マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投信

ゴールドマン・サックスが設定して話題、「元本確保型」投信とは

2019年4月5日 17:00

国内初となる円建ての「元本確保型」投資信託が話題(目論見書より)

国内初となる円建ての「元本確保型」投資信託が話題(目論見書より)

 3月下旬から日本株が乱高下する「ジェットコースター相場」が続いている。今後の展開も、今年10月に予定されている消費増税などの影響もあり、不透明な状況は続く見通しだ。

 こうまで相場が不安定だと投資には二の足を踏んでしまう。せっかく貯めた「元本」まで失うことになったら、文字通り元も子もない。

「それでは堅実に預貯金を」と考えても、利息は雀の涙程度。そうした中で注目を集めている金融商品が登場している。

 昨年7月に設定された投資信託(投信)『ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド』(プライムOneシリーズ)は、国内で初となる円建ての「元本確保型」投信。10年後の償還まで保有を続ければ、元本を割り込まないのがセールスポイントだ。

 投信は、投資家(顧客)が販売会社(銀行や証券会社)を介して資金を運用会社に信託し、ファンドマネージャーが国内外の株式や債券に投資。収益が投資家に分配される仕組みだ。

 リスクを取って大きなリターンを狙うタイプから、リスクを最小限に抑えたものまで、数多くの投信商品が存在するが、本来、投信には必ず元本割れのリスクが存在する。それに対して、同商品は元本確保を前面に押し出して人気を博した。楽天証券経済研究所のファンドアナリスト・篠田尚子氏が解説する。

「不透明な相場への不安が高まる中、元本確保を打ち出すことで安心感を誘い、個人投資家だけではなく、中小企業などの法人ニーズを取り込んだのが人気の理由とされています。特に個人投資家では、比較的高い年齢層に人気だったようです」

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

「LINE」の500円から始める積立投資 特徴は低リスク志向の初心者向け
楽天やdポイントで株投資 100ポイントの少額投資も可能
キャッシュレス決済「LINE Pay」の使い方や特徴を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。