マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

最高益を更新し安定成長を続ける企業が持つ「2つの共通点」

2019年4月25日 7:00

過去最高益を更新する企業は何が違うのか?

 10連休明けから日本企業の決算発表が本格化するが、世界経済の懸念材料となっている米中貿易摩擦問題の影響などもあって、市場関係者たちの間では、あまり大きな期待は持たれていないのが実情だ。しかしながらそうした中でも、最高益を更新し株価も上昇し続けている企業は存在する。そうした企業は他の企業と何が違うのか。グローバルリンクアドバイザーズ代表の戸松信博氏が解説する。

 * * *
 日本の株式市場は高値圏で推移する米国と比べて勢いがない状態が続いている。しかし、そのようななかでも、最高益を更新して株価も上昇を続けている日本企業は存在する。そして、そのような企業を見続けていくと、ある共通点が見えてくる。

 それは何かといえば、【1】「独自の強みを持った強力な商品やサービスを展開していること」、【2】「ストック型ビジネスを展開していること」が挙げられる。

「ストック型ビジネス」とは、仕組みやインフラを作ることにより継続的に収益が入ってくるビジネスを指す。1回ごとに商品やサービスを販売することで収益を上げるフロー型ビジネスと比較すると、ストック型ビジネスは1回あたりの売り上げは小さくなる傾向があるが、継続的に収益が入ってくるのが特徴だ。特に独自の強みを持った商品やサービスを持つ企業がストック型ビジネスを展開していると、非常に安定的な業績拡大が長期にわたって期待できることにつながるのである。以下、いくつか具体的に紹介しよう。

 デジタルアーツ(東証1部・2326)という、フィルタリングソフトの最大手企業がある。フィルタリングソフトとは、特定の条件に合うウェブサイトだけを閲覧可能とすることのできるソフトウェアのこと。同社の「i-FILTER」は国内約53%のトップシェアを誇り、7300以上の企業・官公庁、3万1000校以上の学校・教育機関に導入実績を持つ。

 それほどの高シェアを有している背景には、他社に先駆けたデータ蓄積と人の手によるきめ細かな改善で、日本語環境において最大級の有害サイトのデータベースを有している点が挙げられる。フィルタリングソフト分野はウイルス対策市場の10分の1程度とあくまでニッチ市場であり、大手企業が参入できるほどの規模にはなっていない。いわば巨大な競争相手が存在しないことが安定的な収益につながる。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FX知識ゼロのOLが他人の取引をコピーしてFXを始めるまで
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。