マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

親の介護は「在宅」か「施設」か 要介護度と金銭面を見極める判断ポイント

2019年5月24日 7:00

介護施設の「月額入居利用料」の目安

介護施設の「月額入居利用料」の目安

 多くの人が、老いていく親や実家を問題と感じている。なかでも親の「終の棲家」を自宅にするか老人ホームなどの高齢者施設にするか、悩ましく感じている人は少なくないだろう。介護アドバイザーの横井孝治さんが話す。

「自宅で介護するのも選択肢の1つですが、介護期間は長引くことが多く、数年~十数年かかることも珍しくありません。親の介護に時間を取られ、離職して収入が減れば体力的にも経済的にも負担は増す一方。そんな家族の負担を考えると、施設を利用するのは決して悪いことではありません」

 ただ、そこには金銭的な事情が絡んでくる。施設を利用する場合の平均額(全国)は月額16万円ほど。一口に老人ホームといってもさまざまな種類があり、金額もピンキリだ。親の状態と金銭面を見極めた判断が必要になる。では、高齢者施設にはどんな種類があるか。

 要介護度が低く、日常生活のほとんどを自力でこなせるようなら「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」がある。一般的な賃貸住宅に近く、安否確認と生活支援のサービスが受けられ、月額利用料は13万~25万円といったところ。

 生活全般で介護が必要な場合は、「特別養護老人ホーム(特養)」か「介護付き有料老人ホーム(有料老人ホーム)」。大きな違いは前者が社会福祉法人や自治体が運営する「公的施設」であるのに対し、後者は「民間施設」である点だ。費用面では特養の方が安いが、要介護度3以上でないと入居できず、希望者が多いため順番待ちのところも少なくない。有料老人ホームは入居条件が緩い分、利用料は15万~35万円と高めだ。

 認知症が進行しているなら「認知症対応型グループホーム」という選択肢もある。少人数で共同生活をしながらリハビリで認知症の改善を目指すには適しているだろう。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

週に1回設定を見直すだけの「シューイチFX」で年利40%を本気で目指す
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。