マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

エアコンを快適に使うために シーズン中にやるべき3つの定期ケア

2019年6月6日 15:00

室内空気を改善するなら、空気清浄機やカーテンの手入れも(イラスト/勝山英幸)
室内空気を改善するなら、空気清浄機やカーテンの手入れも(イラスト/勝山英幸)

 例年より早く、日本各地で30度超えを経験したばかりだが、夏の必需品であるエアコンの掃除を怠ると、健康への影響も大きい。ホコリ1gの中にはダニ約2000匹、カビ約3万個、細菌約800万個が含まれているとされる。

 さらに、資源エネルギー庁のHPによると、フィルターが目詰まりしているエアコン(2.2kW)とフィルターを清掃した場合の比較では、年間で31.95kWhの省エネとなる計算だ。月に約1~2度のフィルター掃除が年約700円の節約になる点も見逃せないだろう。

 今のうちにエアコン掃除に着手し、自衛策を始めよう。シーズン中にやるべき3つの定期ケアは、以下の通り。

【1】毎回、切る前に送風をかける

 冷房シーズンに入ったら、毎回エアコンを切る前に送風運転を30分行い、内部の湿度を下げておこう。機種によっては、運転後の送風が自動機能となっている場合もある。

【2】フィルター掃除

 シーズン中のフィルター掃除も、始める前にコンセントを抜いてから行う。外したフィルターに外側から掃除機をかければOK。乾かす必要がなく手軽なので、2週間に1度は行おう。

【3】本体掃除(2週間に1度)

 意外に汚れやすい室内機本体は、シーズン中も2週間に1度はコンセントを抜き、上部やカバーの裏表、送風口などをモップで拭く。これだけでもホコリの侵入を低減できる。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。