マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

微風、ドライ運転はNG? 間違いだらけのエアコン節電術

2018年7月25日 15:00

その「エアコン節電術」実は大間違い?

「部屋から出るなら冷房切って! もったいないでしょ!」。郵便受けを覗きに行こうとしただけなのに、妻の小言が飛んできた──この夏、そんな経験をしている人もいるかもしれない。

 記録的猛暑に見舞われる中、エアコンが欠かせなくなった家庭内で「電気代」は大問題。妻が「節電」にピリピリするのも無理はない。しかし、本当にそれらの節電術は意味があるのだろうか。節約アドバイザーの丸山晴美氏はこう指摘する。

「巷の節電術は単なる思い込みで、かえって逆効果になる例が多いのです」

「微風」より「強風」が効率的

 夏の家庭の電力消費量で58%(平日14時)を占めるエアコンは、真っ先に“電気代リストラ”の標的になる。しかし、常識のようにいわれている「こまめにエアコンを消す」という対策は、効果が疑わしい。

「エアコンは立ち上げに最も消費電力がかかるので、こまめにオンオフするより、つけっぱなしのほうが節電効果が高い。エアコン大手のダイキン工業の調査では、日中なら30分程度の外出まではつけっぱなしにしたほうが、電気代が安くなるという結果が出ています」(丸山氏。以下、「」内同)

 風量を「微風」や「弱風」にすれば、そのぶん電気代が安くなるはず──というのも誤解だという。

「エアコンは部屋を冷やすまでに電力を大きく消費しますが、風量による消費電力量の違いはほぼありません。『微風』や『弱風』でのんびりと部屋を冷やすより、『強風』にして早く設定温度に到達したほうが電気代はトータルで安くなります」

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。