マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

働く女性が増えている当たり前の理由 「稼がなければ生活できない」

2019年6月5日 7:00

女性が働くようになったのは女性活躍推進の政策のおかげではない(写真:時事通信フォト)

女性が働くようになったのは女性活躍推進の政策のおかげではない(写真:時事通信フォト)

 菅義偉官房長官は2018年12月の記者会見で、「ジェンダー・ギャップ指数」の順位が日本は149か国中、110位と極めて低いことについて、「この5年間で女性の就業者数は201万人増えている」と述べ、政権が取り組む女性活躍推進の成果を強調した。しかし、本当にそうだろうか。

『アンダークラス』(ちくま新書)の著者で、社会学者の橋本健二さん(早稲田大学人間科学学術院教授)が説明する。

「端的に言えば、女性の就業者数が増えたのは、政府の労働政策の結果ではありません。女性は、“稼がなければ生活できない”という必要に迫られて働いているに過ぎません。

 高度経済成長期の日本の景気は安定して上向きで、『一億総中流社会』でした。そのため、多くの場合、女性は働かなくても夫の稼ぎだけで生活できた。しかし、1970年代のオイルショックを機に雇用が低迷、徐々に格差が拡大し始めます。

 バブル崩壊を経て、大部分の人は収入が低迷し、夫が働けば家族が食べていける時代は終わりを告げました。未婚女性や離死別女性が増加したこともあり、多くの女性は外に出て働かなければ生活できなくなりましたが、その多くは低賃金の非正規労働者で、今や非正規労働者は女性の56%にも達しました」

 1990年代後半には、家計の不足を埋めるべく妻が働きに出たため、共働き世帯が専業主婦世帯を上回った。以降、共働き世帯は増加の一途を辿っているものの、世帯あたりの月の可処分所得は、ピーク時の1997年から約7万円も下落。共働き世帯の増加とは対照的に、収入は減少の一途を辿っているのだ。

 転職サイト「エン・ジャパン」のアンケート調査によると、大半の女性が仕事をする理由に「家計のため」と答えた。女性が働くようになったのは家計を支えるためであり、ポジティブな社会参加ではなかったのだ。

※女性セブン2019年6月13日号

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

「LINE」の500円から始める積立投資 特徴は低リスク志向の初心者向け
楽天やdポイントで株投資 100ポイントの少額投資も可能
キャッシュレス決済「LINE Pay」の使い方や特徴を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。