マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

妻の労働時間は夫より長い それでも働く「ワーママ」たちの苦悩

2019年6月4日 16:00

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』でワーキングマザーの賤ヶ岳八重(内田有紀=右)は焦りでミスを犯し、取引先を起こらせてしまう(C)TBS

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』でワーキングマザーの賤ヶ岳八重(内田有紀=右)は焦りでミスを犯し、取引先を起こらせてしまう(C)TBS

 今話題のドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)。吉高由里子演じるウェブ制作会社のディレクターとして働く主人公・東山結衣は、過去に働きすぎて負ったトラウマから、残業しないスタンスを貫く。「絶対残業しない」をモットーに効率的に仕事をこなし、定時になるとさっと退社する。

「長時間労働」や、男女間をはじめとするさまざまな「格差」など、働く女性が社会や職場で直面する問題をリアルに描いた本作。4月の放送開始直後から反響を呼び、ネット上では共感する女性の声が相次いだ。

 昨今、連日ニュースで取り沙汰されている「働き方改革」。だが、働く女性の悩みや直面する壁に対して、本当に役立つ改革なのか──そんな疑問をこのドラマは投げかける。

 第2話では、働きながら子育てする女性ならではの悩みが描かれた。内田有紀演じる、ワーキングマザーの賤ヶ岳八重は、以前は結衣の働き方を認めてくれる先輩だったはずなのに、育休明けでつい力が入りすぎ、長時間労働を厭わない人になってしまっていた。

 力みすぎるが故、チームを信じられず、社内や取引先に迷惑をかけてしまう。そんな矢先、賤ヶ岳の子供が熱を出してしまう。結衣は帰るよう促すが、賤ヶ岳はこう言った。

「今私が帰ったら、『やっぱり子持ちは』って言われるの。ここで帰ったら負けなんだよ!」

 すかさず結衣は、「先輩は何と戦ってるんですか? 『子供が心配だから帰ります』って堂々と言ってくださいよ」と返した。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

週に1回設定を見直すだけの「シューイチFX」で年利40%を本気で目指す
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。