マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

【日本株週間見通し】日経平均高止まり 上値追いの材料乏しい

2019年7月14日 8:00

日経平均の上値トライは厳しいか

日経平均の上値トライは厳しいか

 投資情報会社・フィスコ(担当・田代明美氏)が、株式市場の7月8日~7月12日の動きを振り返りつつ、7月16日~7月19日の相場見通しを解説する。

 * * *
 先週の日経平均は6週ぶりの反落となった。5日のNYダウが5日ぶりに反落したことを受けて、週明け8日の日経平均は3営業日ぶりの反落でスタートした。上場投資信託(ETF)による分配金の捻出目的の売り観測やアジア株の軟調で、前週末比246.81円安の21499.57円まで下げ幅を広げる場面があったが、日銀のETF買いもあり、日経平均は21500円台で大引けた。

 週明けのNYダウも利下げ期待の後退を嫌気して続落となる一方、9日の日経平均は小反発した。10日に予定されるパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言の内容を見極めたいとの思惑から、買いの手は限られたが、1ドル=108円台後半の円安が全般相場を下支えした。

 FRB議長の議会証言が引き続き意識されるなか、NYダウは9日にかけて3日続落となり、10日の日経平均も反落した。前日比プラス場面もあったが、前日発表された6月工作機械受注額(速報値)が2年8カ月ぶりに1000億円を下回ったことでファナック<6954>など設備投資関連株が売られ、見送りムードが強まった。

 注目されていたFRB議長の議会証言を受け、今月末のFOMCでの利下げが意識されたことから10日のNYダウは4日ぶりに反発に転じた。ナスダック総合指数は史上最高値を更新し、S&P500指数は一時3000ポイントの大台を上回りザラ場での過去最高値を更新した。これを受けて11日の日経平均も反発した。一時1ドル=108円を割り込む円高場面があったものの、後場にかけて円高進行が一服すると、日経平均は上げ幅を広げる展開となった。

 こうしたなか、新型携帯専用ゲーム機を発表した任天堂<7974>が年初来高値を更新、千代田化工建設<6366>に代わって日経平均採用銘柄となったバンナムHD<7832>がストップ高となるなど個別株の動きが話題となった。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

関連記事

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。